モーリーロバートソン

About

快適なクリエイター空間

「Office Morley」は東京・中央区の快適な環境に位置しています。風通しが良く、ノンスモーキング、風水もいい職場。犬や猫もOKです。

マスコミへの出演

2001年から2010年まで「純粋」にインデペンデントな個人媒体を育てることに専念した後、2011年から本格的にマスコミへの出演を再開しました。ジャーナリスト、コメンテーター、パーソナリティーなどのチューニングでNHKや、民法、スカパー!などさまざまな媒体に起用されています。

独特のサウンド・デザイン

モーリー・ロバートソンは1980年代、アメリカ・ハーバード大学でイワン・チェレプニン教授に師事し、アナログ・シンセサイザーを専門分野として学びました。チェレプニン教授の兄、セルゲイ・チェレプニンが設計した「サージ・モジュラー・システム」を伝授され、現在もこのシステムの特注モデルを使用しています。「Office Morley」のスタジオに広げられたモジュラーシンセ「Serge」は日本に数台しか輸入されていないため、専門にプログラミングできる人間も数えるほどしかいません。音作りのチュートリアルも公開しています。

自らの作曲・収録活動のほか、楽曲提供、CFソング、テレビ番組テーマ曲、BGMなどの企業ユースにも応えてきました。

番組制作

「Office Morley」はさまざまなクライアントの要望に応じてネット配信の企画立案・プロデュースを行ってきました。2007年には「世界の屋根」と呼ばれるチベット、そしてシルクロードのウイグル自治区から生放送を配信することに成功。2009年にはNTT系列からプロジェクトを受注、無線Wi-Fiルータで発信しながら全国行脚をしました。

DJ

モーリーは2010年からクラブシーンにDJデビュー、ドラムンベースやダブステップを中心としたプレイでネット放送局「Block.fm」でレギュラー番組を持つに至ります。ウェブ雑誌「mb」から「日本屈指のダブステップDJ」と讃えられました。これまで蓄積してきた電子音へのセンスを今後もフロアに生かしていく勢いです。