モーリーロバートソン

【記事掲載】トランプの黒幕が露わにした極右の本性。

集英社「週プレニュース」にモーリー・ロバートソンがコラムを記載しています。今回ウェブでご紹介するのは「トランプの黒幕が露わにした極右の本性」について。トランプを取り巻く「危険思想の正体」について語っています。

■■■

「トランプの黒幕が露わにした極右の本性ーバノンの手法はいつかファシズムがきた道」
就任以来、矢継ぎ早に過激な政策を実行するトランプ米大統領。それを支えているのが、異例の大出世を遂げた“極右参謀”だ。彼らがアメリカに浸透させつつある「危険思想」の正体とは?
■「すべての犠牲者に配慮した」という詭弁
■ 声明の裏に潜む黒幕は誰か?
■ バノンの思想が極めて危険であることは疑いようがない

全文を下記のリンクから読むことができます。
集英社「週プレニュース」オフィシャルサイト

7663ec341d40bb7db69aaa4dcf65d72b_0538a5ec81aacc1759f3827dda31598c